光本恵子『口語自由律短歌の人々』

自由な表現への軌跡

口語を用いて自由に心のうちを表現する〈口語自由律短歌〉。五十年にわたりその道を歩んできた著者が、実際に出会った歌人たち、書中に学んだ歌人たちを回想し、短歌表現との格闘の歩みを振り返る。彼ら彼女らが苦難の途上で残した珠玉の作品に触れることで、私たちは短歌という詩型の限界における表現とは何かという問題をあらためて考えるに違いない。 (帯より)