「まいだーん」第3号発行

2021/02/01

 同人誌「まいだーん」3号を発行いたしました。巻頭15首は高山邦男「言説」、柊慧「九月のヴェランダ」、大森悦子「上がり3ホール」です。評論は上條素山「千種創一の口語と歴史のリズムー関ヶ原に「あなた」は居るか」、畑彩子「拝啓、紀野恵さま」です。今号から小見山泉さんが参加してくださいました。ありがとうございました。
 巻頭に同人による座談会「短歌における口語と文語」(三井修、種市友紀子、千種創一、畑彩子)を掲載し、エッセイ等もそれに合わせました。はじめての座談会でしたが、口語と文語について同人各氏の考えの一端を知る事が出来て、私自身の作歌の上でも参考になりました。
 頒価は800円(税込)。鶫書房にて販売を代行しております。宜しくお願い申し上げます。